忍者ブログ

子どもたちの成長があって 親の世代も成長すると思う最近です。  そんな日々の備忘録です。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6日から、NHKの番組200本以上が
YouTubeで視聴できるようになった
NHKエンタープライズがgoogleと契約し
YouTube上にNHK番組コレクションを開設した
  http://www.youtube.com/nepyou

実は6日の夜、NHKのYouTube配信を聞いて
いろいろと試してみた
検索エンジン、appleTV、YouTube上での検索・・・
YouTubeへの無料コンテンツ配信は
とても興味深いことなのだけど
余禄として面白いものを見つけた

NHKonlineなるアカウントが投稿している動画
「おはよう日本 紅葉の京都・奈良から中継」だった



この動画、アカウントはNHKonlineという
Youtube上のNHKの別のチャンネルに紐付いている
NHKの広報・宣伝用のチャンネルと思われる
  http://www.youtube.com/user/NHKonline#p/u

実はこの動画、6日の夜には冒頭にCMが付いていた

アドオンなのだろう
NHKonlineが意図してやったのではないかも知れない
でも奇しくもNHKコンテンツにCMを付けて
日本に向けて発信する可能性を残してしまった

7日深夜の今、冒頭のCMは外されたのか
動画ごと削除されたのか
CM付きNHK動画は見ることはかなわない
でも昨日の夜、確かに、この動画にはCMが付いていた

海外のサーバー発信だから、広告付きも問題ないと考えたか?
放送法改正に伴うネット上での可能性を探しての実験だろうか?
リッピングは著作権抵触するから出来なかったし・・・
ただ、海外サーバーから、アドオンでNHKが業務主体でなければ、
NHKコンテンツにCMを付けて日本向けに発信できるという
そんな可能性を見出してしまった昨夜だった

これはいろんな課題を孕んでいる
日本の広告費の海外流出
民放とNHK関連会社との広告シェア争い
放送とwebの広告シェア争い
NHKコンテンツの広告モデル化
コンテンツにアドオンで広告を載せる広告文脈の変容問題
番組メタデータにアドオンで広告を載せる勝手サイト
などなど、ちょっと考えただけでも幾つか上げられる

NHKはいう
「YouTubeで動画を公開することでNHKの接触者数を増やしたい」
「NHKを見ていない人がYouTubeを見ている。
そういうところにNHKの番組を出して親しみを持ってもらいたい」
「新しいメディアに全然関係していないのもどうかと思う。
どういう結果になるのか実験をしてみたい」
 (CNET JAPAN 「親しみを持ってほしい、実験したい
 NHKがYouTubeにノーカット番組を配信する理由」
http://japan.cnet.com/news/business/story/0,3800104746,20423750,00.htm)

とりあえず広告方面の実験は今は消えてしまったけれど
目を離すことの出来ない実験が続く・・・



拍手[2回]

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
◎ フリーエリア
◎ カウンター
◎ プロフィール
このブログはSKOの個人的な意見に基づくものです。所属組織とは全く関係ありません。
HN:
SKO
◎ 最新コメント
[06/30 通りすがり]
[04/21 子どもを大切にする人]
[02/20 えxs]
[01/29 匿名]
[01/20 Nike Shox]
[01/03 UGG Boots On Sale]
[12/28 Air Jordans]
◎ リンク
Twitter Button from twitbuttons.com
◎ 最新トラックバック
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ アクセス解析
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]