忍者ブログ

子どもたちの成長があって 親の世代も成長すると思う最近です。  そんな日々の備忘録です。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

島の食堂で一組のご老人とその息子さんと隣り合った
聞けばご老人は北硫黄島の出身で80歳代後半
今回は故あって故郷近くの父島までやってきたという

北硫黄島は小笠原の南約200㎞に浮かぶ無人島
硫黄列島には南硫黄島、硫黄島、北硫黄島などがあり
硫黄島と北硫黄島には入植者がいた
うち北硫黄島には戦前は入植者がいて、最大で200人程
昭和19年の強制疎開の際にも100名近い人間が住んでいたと言う
   http://imagic.qee.jp/sima2/tokyo/kitaioujima.html
   http://tonesan.fc2web.com/kitaiou.htm


images.jpg 




















100人足らずの強制疎開者の存命者だから
ここで性別や村や現在の出身地を書いてしまえば
小笠原関係者の間では個人は特定されてしまうだろう

ご老人が小学生のころ
島の反対側の村から小学生が海岸線づたいの数kmを登校してきたという
そんな村の面影をすこしでも見たいという

現在では硫黄島クルーズは年1回程度行われている
島の植生・景観観察、旧島民の慰問、バードウオッチングなどを目的とする
    http://www.n-l.co.jp/tour/tour-ioto.htm

一方で、ここ小笠原から始まるマリアナやミクロネシアの南の島々には
太平洋戦争の朽ちた戦跡がいたるところに点在している
沖縄では南部戦跡で心を打たれるが
小笠原以南の島々ではいまだ手つかずの残骸も残る


               (境浦・トーチカの銃眼) 

                 (初寝浦展望台近くの兵壕)

                (境浦に沈む沈船「濱江丸」)

ご老人は故郷を見ることができただろうか


   

拍手[2回]

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◎ フリーエリア
◎ カウンター
◎ プロフィール
このブログはSKOの個人的な意見に基づくものです。所属組織とは全く関係ありません。
HN:
SKO
◎ 最新コメント
[06/30 通りすがり]
[04/21 子どもを大切にする人]
[02/20 えxs]
[01/29 匿名]
[01/20 Nike Shox]
[01/03 UGG Boots On Sale]
[12/28 Air Jordans]
◎ リンク
Twitter Button from twitbuttons.com
◎ 最新トラックバック
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ アクセス解析
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]