忍者ブログ

子どもたちの成長があって 親の世代も成長すると思う最近です。  そんな日々の備忘録です。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アメリカのクアルコム社が、モバイルテレビ端末を
クリスマス商戦に向けて発売するようです

従来、MEDIA-FLOWと呼ばれていた技術は
FLO-TVと改称され
機器単価250米ドル程度で販売され
番組の方は月額9米ドル前後の優良サービスとなる予定だそうです

3.5インチ(10cm)程度のゲーム機サイズを中心に販売され
待機時間300時間、視聴時間5時間のバッテリーを準備する模様です

About FLO TV Personal Television (クアルコムプレスリリースより)
 http://www.qualcomm.co.jp/news/releases/2009/091006_FLO_TV_Unveils_Digital_Handheld_Television.html
FLO TV Personal Television subscription service starts as low as the equivalent of $8.99 per month* and the device will be offered at a manufacturer's suggested retail price of $249.99. The device has a 3.5-inch diagonal screen and measures 4.4 inches by 3 inches by .5 inches and weighs just over 5 ounces. Its battery supports more than 5 hours of active FLO TV viewing or 300 hours standby. The FLO TV Personal Television utilizes a capacitive touch-screen for easy and comfortable navigation - users can channel surf with just a swipe of their finger. It also includes several features meant to enhance the TV experience, including a built-in stand allowing the device to be positioned upright on any flat surface, built-in stereo speakers making it easy to watch TV with others, and the ability for users to set reminders for their favorite programming.


モバゲーを運営するDeNAが
「アメリカの携帯ユーザーが親指で小説を書き始めた」という形で
ケータイ文化のアメリカ進出をアピールしていましたが
今度はケータイTV、日本でいえばワンセグです

実はアメリカのブルーオーシャンな市場が動き始めました

Twitter Button from twitbuttons.com

拍手[1回]

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
◎ フリーエリア
◎ カウンター
◎ プロフィール
このブログはSKOの個人的な意見に基づくものです。所属組織とは全く関係ありません。
HN:
SKO
◎ 最新コメント
[06/30 通りすがり]
[04/21 子どもを大切にする人]
[02/20 えxs]
[01/29 匿名]
[01/20 Nike Shox]
[01/03 UGG Boots On Sale]
[12/28 Air Jordans]
◎ リンク
Twitter Button from twitbuttons.com
◎ 最新トラックバック
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ アクセス解析
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]